用語集/た行

提供:ハンJ Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

- - - - - - - - - - 英数

[編集 | ソースを編集]

TYPE-MOON[編集 | ソースを編集]

「有限会社ノーツ」のアダルトゲーム用のブランド名。アダルトゲームながらも作りこまれた世界観や熱いバトルなどが人気を呼んだ。通称「型月」。

「ゆっくり保守チャンネル」の信者のとあるネトウヨが、自身の保守思想の源流として挙げたことが話題を呼んだ。「型月で保守思想を学んだ男」とも呼ぶことが出来るだろう。 ただし、型月は北斗の拳よりも一般的な知名度がない事などの事情から「北斗の拳で保守思想を学んだ男」よりはネタにはされていない。

なお、TYPE-MOONシリーズにおいて特に保守派の政治的主張に結び付けられるようなシーンは見られない。

拓殖大学[編集 | ソースを編集]

東京都文京区に在る大学。清国から割譲された台湾を開拓する目的で1922年に設立された。

戦前は事実上の国立大学だったが、GHQの占領下では軍国主義教育を行っていたとの名目で『紅陵大学』に名を改められ、占領解除後には元の校名に戻った。戦後は私立大学として再出発し、現在に至る。

教授陣に『日本会議』や『新しい歴史教科書をつくる会』の関係者、『チャンネル桜』の常連出演者が多く、日本文化研究所は特にその傾向が強い。石平藤岡信勝等が所属している。

ネトウヨのデマの中には当大学関係者を由来とするものも多い。売国奴の著者である石平、呉善花、黄文雄は当大学の教員である。

れいわ新選組の国会議員である舩後靖彦の出身校。彼は「GHQによる日本弱体化政策」というネトウヨ発言を行った。

麗澤大学と並んで、日本会議や新しい歴史教科書をつくる会の関係者の影響下にある私立大学である。

憂国wikiにも当大学で行われる予定の講演会の情報があるが、他大学の講演会の情報もある。

打率[編集 | ソースを編集]

野球において打者を評価する指標の一つ。YouTubeに通報した動画の削除率に関して、野球好きのなんJ民をルーツに持つハンJ民が打率と表現するようになった。

誰でもウェルカム[編集 | ソースを編集]

(だれ-)

嫌儲板のスローガン。嫌儲は誰でもウェルカムとも。

三昧移民、ステマ移民等、移民によって成立した歴史を持つ嫌儲板を表す言葉である。

なお誰でもの誰にはアフィカスアフィチルネトウヨは含まれていない。

[編集 | ソースを編集]

チーズタッカルビ[編集 | ソースを編集]

「チーズダッカルビ」とも。中高生の間でブームになっている現代流アレンジ朝鮮料理とメディアで報道された途端に、韓流ごり押しとネトウヨが激昂した。

チャンネル桜[編集 | ソースを編集]

正式名称は「日本文化チャンネル桜」。過去には同名のCS放送チャンネルを運営していたが、経営難により番組制作会社へ転換した。その後は他の通販主体のチャンネルへ番組販売形式で枠を確保して放送を行っていたが、現在はCSから完全に撤退しネット配信に特化している。設立趣旨は“日本の伝統文化の復興と保持を目指し日本人本来の「心」を取り戻す”こととされており、一般層への訴求力は高くないが右派系メディアとしてネトウヨには一定の認知度を得ている。チャンネル開設当初からの苦しい経営を支えるため、後援組織として「チャンネル桜二千人委員会」が設置されているがネトウヨにありがちな「口は出すが金は出さない」問題に直面しており、安定収入の確保にはほど遠い状態とされる。

YouTubeでは同チャンネルで放送された対談形式の番組がよくアップロードされているが、無断で行われたものを含めて黙認姿勢を取っていることからネトウヨの間では事実上フリー素材に近い形で使い回されている。そのためYouTubeへの著作権侵害の申し立てには消極的であり、番組内のヘイトスピーチでアウトを取る方が通りやすい。

Tuber Town[編集 | ソースを編集]

(チューバータウン)

YouTubeのチャンネルを収入や再生回数などのデータを基にランキング付けをしているサイト。

Youtuberの登録者や再生回数などのデータから分析した大まかな推定収入を出している事で知られる。 サイト未掲載のYoutuberでもチャンネルのURLを送信すれば即座に登録される(ただし、詳細なデータ反映は時間を費やす)ので、このサイトに登録されているからと言って特に凄い訳ではない。 掲載後に何らかの形で運用が停止されたチャンネルに関しては、一定期間経つとページのみ残してデータは全て0になる。

ハンJ民の間ではBANによって詳細な情報を掴めなくなったYoutuberのデータ収集の為に用いられる事がある。 収入やチャンネル運用期間を確認する上では利用価値の高い面も持ち、チューバータウンにおける某国のイージスの推定年収の多さは話題を呼んだ。

中立[編集 | ソースを編集]

(ちゅうりつ)

本来は対立する両陣営のどちらにも与しないこと。双方に対して肯定することは肯定して批判すべきことは批判するというもの。
日和見やどっちつかずとは異なり、双方から危害を加えられた場合には反撃することも辞さないというものである。
しかし、日本においては日和見やどっちつかずと同様に矮小化されたり、政府与党権力者に楯突かずに隷属して批判者を攻撃するのを強いる連中が批判者への誹謗中傷に悪用する言葉に成り果てている。

中日新聞/中日新聞社[編集 | ソースを編集]

(ちゅうにちしんぶん/ちゅうにちしんぶんしゃ)

日本第3の都市・名古屋にある大手新聞社。

プロ野球チームとして中日ドラゴンズを保有している。

発行する報紙の論調はおおむね左派系であり、そのことからネトウヨ等による攻撃対象となることがある。

懲戒請求[編集 | ソースを編集]

(ちょうかいせいきゅう)

弁護士会に対し特定の弁護士の不正を訴え懲戒を求める請求のこと(弁護士法58条1項)。

請求が認められた場合、当該弁護士に対して所属弁護士会から(1)戒告(2)二年以内の業務の停止(3)退会命令(4)除名のいずれかの懲戒が下る(弁護士法57条1項)

なんJ民や恒心教の間でも唐澤弁護士に対し懲戒請求を行うことが議論されていたが報復リスクの高さや個人情報が弁護士会側に漏れることを考慮して結局行われなかった[1]

余命ブログの煽動により懲戒請求のリスクを知らないネトウヨが多くの懲戒請求を行った結果、弁護士からは業務妨害とみなされ一人当たり10万円の賠償金を請求されてしまいリスクが懲戒請求の顕在化してした。

余命ブログのネトウヨが懲戒請求をした理由が今まで一度も発動されたことのない外患誘致罪であったことも失笑を買った。

朝鮮飲み[編集 | ソースを編集]

人気漫画『美味しんぼ』に、酒の席で目上の人の前で酒を飲む際には「顔を横に向け、左手で口元を隠し飲む」という朝鮮式の礼儀作法を紹介したエピソードがある。

ネトウヨは、『美味しんぼ』が日本の戦争責任を追及したり日中友好・日韓友好を唱えたりすることから反日漫画扱いするのにも関わらず、ネトウヨが敵視する国会議員が国会中継の最中に水を飲む時、「口元を隠し飲む」飲み方をしていたため、「酒の席で目上の人の前で酒を飲む際」という条件すら無視し、「朝鮮に通じる反日議員」として扱い、そのような飲み方を朝鮮飲みと呼び始めた。 以降もネットで多くの議員や芸能人がこの朝鮮飲みを根拠として在日或いは反日スパイの認定を受けることになった。 朝鮮飲みを信じるネトウヨの主張によると「普段から韓国文化に触れているためにこの飲み方がふと出てしまう」との理論らしい。

竹田恒泰安倍晋三などのネトウヨから支持される著名人もこの朝鮮飲みのスタイルで飲んでいる場面が映像として残されているが、その辺のフォローはネトウヨからは見られない。

なお、それらの人々が水を飲む際にこの仕草をするのは、たいてい透明のグラスやカップを使っている場合であり、人前で口の中が見えるのをはしたないと見なす文化を持つ日本において生まれた生粋の日本式礼儀作法であるという指摘がある。

朝鮮迎え舌[編集 | ソースを編集]

(ちょうせんむかえじた)

朝鮮人は、食事の際に迎え舌(食べ物を口に運ぶ際に舌を出すこと)をするというネトウヨのデマから広まった言葉で、テレビで迎え舌をした芸能人などが多数在日認定された。

しかし、ネトウヨが尊敬する安倍晋三がこの「朝鮮迎え舌」を行っていることが判明し一瞬で廃れた。

著作権砲[編集 | ソースを編集]

著作権のあるものを無断で使用した動画を権利者に報告して削除すること。著作権違反動画は権利者のみ削除が可能だが、非常に高確率で削除されることから砲撃になぞらえて「著作権砲」と呼ばれるようになった。三発食らうと一週間の猶予ののち、アカウントがBANされる。

著作権砲が直撃した代表的な事例としては、2018年8月29日に「世界の気になる扉」が複数の著作権者から 合計24発被弾 したことが特筆される。

チンフェ[編集 | ソースを編集]

  1. KAZUYAの渾名。顔がチンコみたいで、チンコフェイスと呼ばれて、その略。
    当wikiではチンフェと言えばKAZUYAのことを指す。
  2. なんJで過度の自分語りで自滅したとあるコテハン。
    一般的にはチンフェと言えば彼を指す。
    大阪を朝鮮だと言い張っていたので、彼もまたネトウヨであると思われる。

[編集 | ソースを編集]

Twitter[編集 | ソースを編集]

世界ではFacebookがSNSの覇権を握っている中で、特異的に日本で流行っている短文系SNS。

オタク、ネトウヨ、詐欺師及びBOTの巣窟。

オタクやネトウヨが多い性質上、ソシャゲーのプロモーション、まとめブログやYouTubeの更新情報BOT、同人屋の宣伝活動によく利用されている。

日本で非常に人気のあるSNSであるにも関わらず、日本にはモデレーターがほとんどおらず、代わりに海外の日本語を理解できる担当者がモデレートしているため、ヘイトスピーチなど規約違反のツイートが野放しになっている。

ツイフェミ[編集 | ソースを編集]

フェミニズムの項も参照。
ツイッター・フェミニストの略。
ネット右翼を始め、女性の地位向上に反対する層からは目の敵にされている。
彼らが呼称する「ツイフェミ」の多くは、実際のフェミニストの定義に当てはまらない事が多く
男性を嫌悪する、あるいは、自分達の意見に反対する者に対するレッテル貼り、つまりは「在日認定」のようなものに近い。

ネット右翼は権威主義の官僚体質で、自身の主義主張を持てず、暫し陰謀論的な物事に扇動されるが、
フェミニストや左翼に限らず、革新的・急進的または主体的な派閥とは、そもそも「水と油」だと言える。

ホモソーシャルな繋がりの中では、少しでも共感出来る思想の者同士がつるんだり、
共通の敵を見付けて乱痴気騒ぎを起こすのは、これに限らずよく起こる事である。
また、青識亜論なる者が「思考実験」を称し、別アカウントで工作活動をしている事が発覚しており、
アンチフェミの成り済まし、自作自演である可能性もある。

なお、青識は数度のTwitter(現X)凍結の後、訴訟問題(勿論青識が被告側)を抱えている。
2023年12月現在、はすみとしこの敗訴が確定し、暇空茜、青識(一審敗訴)の裁判が続いており、
3戦連敗となると、世間を気にするアンチフェミニストには、相当な痛手となる事だろう。

また、2024年1月1日に発生した令和能登半島地震に乗じて、再生数稼ぎを企てる輩も現れるなど、最近は銭ゲバ化が著しい。

彼らの中で特に過激化(単細胞化)したものは、とにかく「大言壮語」な発言や過激な発言(所謂イキリムーブ)が称賛される傾向にあり、
内輪で慣れ合っているだけなら別段無害であるが、一線を越えて、完全に犯罪行為に走っている者もいる。
中でも最悪の犯罪を働いた彼らは、ソシオパスである可能性が高く、
実名公表した人を、シリアルキラーの如く社会的に追い詰めている可能性がある。

このように「アンチフェミニスト」はフェミニスト以上に、愉快犯から極右テロリストまで、
様々な厄災を引き付けるブラックホールのようになっている。

韓国では「女なのに髪が短い」という意味不明な理由で、無関係な女性店員を「フェミニスト認定」し、
暴行を加えたとして、20代の男が逮捕されるという事件も発生しており、対立がより顕著であると言える。
「女なのに髪が短い」「フェミニストは殴られなければならない」…コンビニ女性店員に暴行、20代男を逮捕 /晋州

通信用語の基礎知識[編集 | ソースを編集]

主に情報通信技術に関する用語をまとめることを目的とする。

ネット右翼が主な編集者でチョンモメン 嫌儲民 2ch.net等ネトウヨ史観の間違った情報が放置されている。

ツウ=ホウタイ@ネトウヨ殴りセンター[編集 | ソースを編集]

ハンJ民の1人。Twitterアカウントも持っていた。(@disclamer77777・削除済)ハンJ民の中でも行動派で、名前の通り主にTwitterなどで規約違反のネトウヨを通報していた。ただしTwitter上でしばき隊のメンバーと馴れ合ったり、わざわざ匿名掲示板でコテをつけたり[2]する姿がどっかの誰かさんを彷彿させ、反感を買った。

[編集 | ソースを編集]

DHC[編集 | ソースを編集]

YouTubeチャンネル「DHCテレビ」を運営する企業。

ハンJ民がスパムとして通報を行った結果動画が削除された[3]

しかし凍結までにはいかず現在も通報対象である。

DD論[編集 | ソースを編集]

どっちもどっち論の略。

DMM.com[編集 | ソースを編集]

DMM.com」も参照。

ディープステート[編集 | ソースを編集]

Qアノン支持者が主張するいわゆる「上級国民」が世界を裏を裏で操っているという陰謀論。

でも日本には四季があるから[編集 | ソースを編集]

ネトウヨのホルホルを皮肉った言葉。

道徳必修科目化と愛国教育の検討の中で日本のいいところの例として「四季がある」が挙げられたのが由来。

理科を習っていれば日本だけではなく多くの国に四季があることは一般常識であり、例えばイタリアの作曲家ヴィヴァルディは四季をテーマにした名曲を世に送り出している。

それでも日本には四季があるということを強調したいらしい。

他にも「水道水が飲める」「電車が時間通りに来る」といったことが身近なホルホルネタになりがちである。

なお水道水はインフラの老朽化や水道民営化による外資や民間資本の杜撰管理が懸念されることから危ういうえ、電車に至ってはここ最近は満員電車やJRのコスト削減によるインフラ劣化で遅延が急増している。

電凸[編集 | ソースを編集]

電話で突撃するというネットスラング。ネトウヨの中には、放送局・新聞社が偏向報道をしていると理由でクレーム電話を行っている。電話の内容次第で「脅迫」・「恐喝」の規約違反でBAN出来る

[編集 | ソースを編集]

東京新聞[編集 | ソースを編集]

(とうきょうしんぶん) 用語集/た行#中日新聞/中日新聞社を参照

糖質[編集 | ソースを編集]

統合失調病およびその患者のこと。統合失調症→統失→糖質。ネトウヨはなにかあるとすぐ在日朝鮮人・中国人や左翼の仕業だと決め付けることが多いので、しばしば統合失調症を患っているのではと疑われる。

とうすこ民[編集 | ソースを編集]

主になんJのID無しスレに生息している集団。文末に絵文字を付けることが特徴。とうふさんをすこる(Youtubeの動画で低評価をすること)ことを目的としていた。アフィの立てたID無しスレを乗っ取って「とうふさんのおうち」にする性質から受け入れられ、現在もなんJ民と共存している。

とうふさんが引退した後もその遺志?を継いだとうすこ民の活動は続き、同じくYoutuberであるヒカルの炎上事件、色盲反日ヘイト絵師の特定、そしてハングル板乗っ取りなどに関わっており、普段の馬鹿っぽい話し方とは裏腹に攻撃力は高い。

とうふさん[編集 | ソースを編集]

元中堅Youtuber。パズドラやグラブルなどを中心にプレイしており、数少ないパズドラ公認プレイヤーの一人でもあるが、煽り耐性のなさからとうすこ民のおもちゃにされ、さらには動画が低評価されたり生放送中に誹謗中傷が相次ぐなどして2017年6月に活動休止。

とうすこ民の推挙によって5月1日にハングル板総督に就任する。

2018年8月21日、1年超の休養期間を経て突如復活。色々と吹っ切れたのか、「無職」を自らネタにするなど別人のようになって帰ってきた。

Togetter[編集 | ソースを編集]

Twitterのツイートを集めてまとめ記事を作る事が可能なユーザー参加型のサイト。

5chのまとめサイトなどと同性質の問題を抱えており、ネトウヨや冷笑系の声や偏向的なまとめ記事が目立つ傾向があると言われる。BAN祭りに関してもTogetterで何本かのまとめ記事が作成されているが、案の定と言うべきかコメント欄では冷笑系ネトウヨやDD論を展開する中立を装った隠れネトウヨなどが多く集う光景が見られる。

ドールマン元帥[編集 | ソースを編集]

ラブドールと家族ごっこをする寂しい初老のネカマハゲ星空サラの渾名。
アダルトドールマン元帥・ラブドールマン元帥とも言う。

特亜[編集 | ソースを編集]

(とくあ)
ネトウヨ用語「特定アジア」の略。「アジア各国」と言う場合にネトウヨが「特に反日感情の強い三国」として中国・韓国・北朝鮮に限定する意味で使用する。中国の特別行政区である香港およびマカオは事案によって含まれたり含まれなかったりし、中華民国政府が実効支配している台湾は「(前述の三国と異なり)親日的だから」と言う理由でほとんど含まれない。また、東アジアの独立国でもモンゴルはネトウヨの間で余り話題にならない。

土人[編集 | ソースを編集]

(どじん)
差別用語。植民地に住む「未開」と「文明人」を自任する侵略者から一方的に見なされた先住民族に対して用いられることが多い。
沖縄基地問題で大阪府の機動隊が地元住民や反対派運動に加わっていた人たちをそう呼んで問題になったが、ネトウヨは「土人は差別用語ではない」とアクロバティックな用語をしたり、大阪府知事は例の機動隊連中を労う等、人間を人間と思わない醜悪さを見せた。

DD論[編集 | ソースを編集]

(どっちもどっちろん)
結論ありきで展開される中立を装ったネトウヨの書き込みのこと。
文章の前半、中盤で自虐や自身の応援する陣営の批判を書き込むが、後半で対立する陣営の批判をより強烈に行い結論で自陣営のほうがマシだと錯覚させるような文章構成が目立つ。
DD論者のなかにはDD論が免罪符になるように考えているものも多い。

  • 例:「在特会やネット上の保守派の暴言は問題だが、それよりもしばき隊や在日の日本人差別のほうが問題。」

この場合、一見在特会を批判し自身を自虐しているように見えるが、後半結論ではしばき隊や在日のほうが問題であるとしてそちらのほうが悪いという結論に至っている。


DD論に似たネトウヨの論法として論点のすり替えがある。(こちらもなんの解決にもなっていない揚げ足取りである。)

  • 低賃金・貧困問題の報道。→「俺のほうがもっとひどい お前は恵まれている」
  • 沖縄の基地・環境問題→(接点のない)チベット問題ガー
  • 慰安婦を指摘される→ライダイハンガー
  • 在特会やアフィウヨのヘイトを指摘される→(しばき隊や有田議員を例にして)日本人に対するヘイトガー
  • 技能実習生問題→在日朝鮮人ガー

トランス女性[編集 | ソースを編集]

「トランス女性」とは、生まれつき男性の体を持つが、自らを女性として認識し、女性として生きている人を指します。
彼女たちは自分の性別アイデンティティが生物学的な性別と一致していないと感じており、
性別適合手術などのトランスジェンダー医療を受けることがあるかもしれません。

同様に、「トランス男性」は生まれつき女性の体を持つが、自らを男性として認識し、男性として生きている人を指します。
彼らもまた、性別アイデンティティが生物学的な性別と一致していないと感じており、必要に応じて医療的な選択をすることがあります。

トランスジェンダーの人々は、性別の社会的な期待や役割に対抗して、自分の性別アイデンティティに合った生活を追求することが一般的です。
社会的な受容や理解の向上に向けた取り組みが進んでいますが、まだまだ差別や誤解も存在しています。

(ChatGPTより)


近年はTwitterなどで、「トランス女性を自称する」男性が、女子トイレなど、女性専用の空間に侵入し、論争が起こっている。
これに対し、反LGBT的思想を持つネット右翼と、女性専用空間を守りたいラディカル・フェミニストが、一部共闘していると言える。
しかし、安易にトランス女性を自称し、女性専用の空間に侵入する事は、常識的・良識的にあり得ない行為であり、
それ自体が、LGBT全般を冒涜する行為であるので、注意しなければならない。
また、女装した男性が女性専用の空間に侵入するという事件は、時折発生するが、
そのような犯罪者に利用されかねないという懸念も、当然ながらあり得る。
2023年10月、最高裁は戸籍上の性別を変更するのに、生殖能力をなくす手術が必要であるとした、
「性同一性障害特例法」(2003年公布)の規程を「違憲」と判断し、今後、更に議論が紛糾するものと思われる。

LGBTは社会の偏見と戦い、理解を求めてきたという歴史があり、フェミニストもそうだが、
そのムーブにフリーライドし、社会の配慮を横取りするのは、全く異なる行為である事にも気を付けなければいけない。
例:「児童ポルノ法の改正(改悪)はババアの嫉妬!」→「ペドフィリアの権利は保護しないんですか?」
応用として「大人と性交したい児童の権利」など、架空の児童を引き合いに出す事もある。
これは「性交同意年齢」が引き上げられた際にも使われた。

トランス男性[編集 | ソースを編集]

性的対象として、国宝や天然記念物扱いである乳房と性器の除去を伴うため、ネット右翼が反発している。

ネット右翼的には性同一性障害(GID)を認めていない事から、トランス男性は「男の方が楽そうだから」男になりたがっているだけと解釈されている。
当然ながら、LGBTにおいて、男(女)の方が楽そうだからという安易な理由で、身体にメスを入れ、
少なくとも現行法で医療福祉的な扶助や雇用機会に乏しい状況に、わざわざ身を置くメリットはないのだ。
また、生物学的な性別問わず、LGBTが性加害を受けても、警察に対応され難いというのも事実である。
増して元々の偏見がある為、彼ら、彼女らへのセクハラも殆ど見過ごされていると言ってもいい。

ネット右翼・アンチフェミニストは、相手が弱い立場である事を分かって叩いている節があるが、
LGBTも、シスヘテロ女性より弱い立場であるから、叩かれている部分もあるのだろう。

2023年10月、最高裁は戸籍上の性別を変更するのに、生殖能力をなくす手術が必要であるとした、
「性同一性障害特例法」(2003年公布)の規程を「違憲」と判断。
今後、LGBTをカミングアウトする18歳、あるいはそれより若い青年達も増える事が期待される。
若いうちから、性の多様性を理解する事は重要であると言えるが、
それまでのキャリアや職場での信頼、周囲の理解が得られにくいLGBTの若者の方が、社会進出が困難かも知れない。

女性のジェンダーロール、男性のジェンダーロール、それらは同様に存在する事は確かだが、
「心は男性の女性」に「女性のジェンダーロール」は時に呪縛として強く結び付いていると言える。
GIDである事を毒親にカミングアウトした女子高生が、耐え難い侮辱を受け、それを苦に自殺した事例もあり(ソース)
青少年の自殺の何%かは、セクシャルハラスメント(または、性への不理解による差別)や自身のセクシャル等の問題かも知れない。

トランスフォビア[編集 | ソースを編集]

ネット右翼がウイグル論法で「中国と同等の臓器狩り行為」の主張、陰謀論者がホルモン治療や思春期ブロッカーを反コロナワクチン運動と同様に「製薬会社によるの人口削減」と主張している。 「デトランス」を主張している。 「あの子もトランスジェンダーになった SNSで伝染する性転換ブームの悲劇→トランスジェンダーになりたい少女たち SNS・学校・医療が煽る流行の悲劇」の出版騒動で話題になった。

トンスル[編集 | ソースを編集]

ネトウヨが韓国ヘイトする際に使う(事実を歪曲した)キーワードの1つ(他に「 嘗糞(しょうふん) 」や「 ホンオフェ 」などがある)。朝鮮語で「トン」は大便または下肥の意味で、「スル」は酒である。それ自体はネトウヨの捏造ではなく実在するものだが、ネトウヨの主張する糞尿で醸した酒というのは事実無根の中傷である。このトンスルとは、漢方薬としての使用法であり、汲み取り式便所の便槽(糞壷)に竹筒を挿し込んで、内側に滲み出た液体を酒に混ぜて処方するものである。同様の処方は日本でも江戸時代の漢方書に記されており、さらには最近まで民間療法として利用されていたという報告もある。しかし、ネトウヨは、朝鮮人をトンスルを飲む奴らという意味でトンスラー、民族としてトンスラー民族と呼び、南北問わずトンスルランドと蔑称する。このように、彼らの主張では、朝鮮民族はスカトロジー(糞便嗜好)民族ということになっている。

註釈[編集 | ソースを編集]